Yoshiharu Hasegawa, Bamboo Products Maker   長谷川義春 竹職人

 


Yoshiharu Hasegawa

Born in Yaotsu-city, Gifu Pref, Japan in 1943.

長谷川義春

1943年

岐阜県八百津市 出身


 

 My father was sent out as an apprentice and acquired the skills for making bamboo products.  I followed my father’s examples and learned the skills: “As the old cock crows, the young cock learns.”  I took over “Takezen Shoten”, a bamboo product making business founded by my father in 1951.
 Bamboo has an advantage of being a natural material.  It changes color naturally as time goes by.  I would like to convey the deep colors in my products. 
Bamboo has a characteristic difficulty of workmanship.  As there are not the same lengths between two bamboo joints in one bamboo shoot, we sometimes have to waste the bamboo.  To overcome this, making many products, in our experience, is the most important.  I myself still make a lot of products as I hand down my skills to my son.
In principal, we do not dig bamboo to make products between March and August.   During these growing seasons, bamboo can easily be damaged by insects, and would not be durable. I have been stubborn to hold by that principal.  If you want green bamboo products in spring, I may ask you for a later delivery time. (Black bamboo and normal color bamboo are no problem.)
I cherish my uncompromising stance.  I try to make a product which has my own originality and ingenuity.

 I usually make bamboo fences for houses, but I also make a lot of different kinds of products; giant bamboo fences, sake pots for Japanese weddings, green bamboo chopsticks and green bamboo altars for Japanese funerals.

 

 14歳から丁稚奉公をし竹職人としての技術を習得した、亡き父の芸を幼少の頃から見盗んで体得し、1951年に父が創業した「竹善商店」を引き継ぎました。
 竹は天然素材ならではの良さ、またその奥深さがあります。自然界のものが自然界で変わる色の深さを、製品の中で伝えられたらと思っています。また、竹は、特に上下、節を利用した製品は、難しい。その間隔が同じものは2つとなく、また同じような幅のものは同じ竹から2つは取れないため、材料を贅沢に使わなければならない場合もあります。そうしたところの技術の習得は、いかにたくさんの製品を作ること、自身が父から継承したように、自身の息子へもその技術を継承しつつ、たくさんの製品を作っています。
 基本的に3月〜8月は、竹は切れません。竹の成長期に当たるので、虫が入りやすいため、昔からこの原則を頑なに守ってやってきました。青竹は山から竹を切るところから責任持ってやっていますので、青竹製品のご注文は待っていただくことがございます。(黒竹や普通の竹は問題ありません。)
 常に、商品製作に妥協をすることなく、お客様のことを考え、創意工夫をこらした、この世にひとつのものを制作することをモットーとしています。

 ご家庭の垣根のみならず、企業や著名人のオーダーで、巨大な垣根、お神酒入れ、青竹箸や青竹祭壇に至るまで製作したこともあり、その制作数は数知れず。

 

室外機カバー(黒竹)

 

 


See his work. 作品を見る ⇒ 長谷川義春の作品

Return to the top page. 1号店へ行く ⇒ 樹木屋1号店【植木・庭木総合専門サイト】